外資系と国内系ではお給料にも違いがあるのか

国内系ブランドと比較すると総じて高め

外資系企業で働くと、国内系企業よりも高い収入を得ることができるというのが、一般的な感覚なのかもしれません。
アパレル業界というのはそもそも他の業界と比較すると、お給料の面で優遇されていないという認識を持つ人も少なくないのではないでしょうか。

確かにそのような側面がありますが、では、外資系ブランドで働くことができれば、その問題は解消されるのかを考えてみましょう。

結論から言ってしまうと、全体的に見れば、確かに日本のブランドよりも海外のブランドで働く方が多くの収入を得られる傾向があります。
もちろん、同じ職種で比較した場合である点は押さえておいてください。

日本のブランドであれば、例えば販売スタッフでは月給20万円に満たないところも多々ありますが、海外のブランドであれば30万円や、ハイブランドだと40万円から50万円以上も可能です。
時給で見ても、800円台が多い国内系ブランドに対し、外資系ブランドは1,000円以上が当たり前ですから、やはり高めの水準であると言えるでしょう。

マネジャー業や商品企画、マーケティングに関わる職種になれば、年収800万円以上も可能であるのが海外のアパレルブランドの特徴であり魅力です。
どうせ目指すなら海外ブランド、という考え方が出てきてもおかしくはないのかもしれません。

実力と能力がお給料に反映されるシステム

外資系のアパレルブランドには、実力や能力、あるいは成果といった部分がお給料に強く反映されるという特徴や傾向があります。
日本の企業ではこのあたりの考え方がまだまだ弱いため、その点でも海外ブランドで働くことにはメリットがあるのかもしれません。

裏を返せば、より競争社会であるとも言えるでしょう。
競争に勝ち抜くことができればお給料に反映され高収入を得ることができますが、もし競争に負けてしまえば受け取れる報酬も減り、居場所さえなくなってしまう可能性が出てくるのが外資系なのです。

もし自分の実力を試したいと強く願い、能力をアップさせたい、勝ち抜きたいという意欲が強いのであれば、国内系よりも海外のブランドで働くことをおすすめします。
単に高いお給料が受け取れるというだけではなく、海外のブランドで働けば、より自分を成長させることができるのではないでしょうか。

もちろん、ブランドによって給与形態も給与額も異なるため、働き出す前にこの点についてはしっかりと確認しておくことが求められるでしょう。