ブランドの特徴と傾向が二極化する外資系

極端に分かれる外資系のアパレルブランド

外資系ブランドで働きたいと考えているのであれば、それはファストファッションのようなカジュアルブランドなのか、それとも高級有名ブランド、ハイブランド、ラグジュアリーブランドと呼ばれるところなのか、ある程度定めておかなければいけません。

海外のブランドは必ずしも二極化されているわけではありませんが、日本に積極的に進出してきている外資系は、おおよそカジュアルブランドかハイブランドかのどちらかに分類されるでしょう。

言うまでもないかもしれませんが、高級路線のブランドでは、採用されるためのハードルも上がります。
アパレルの求人そのものは見つけることができても、そこがハイブランドなのであれば応募条件も厳しくなり、容易に応募することすらもできないかもしれません。

ファストファッション系ではアパレルの求人サイトでアルバイトや契約社員を募集していることもあり、多少はハードルが下がるでしょう。

もちろん日本に進出している企業を完全に2つに分けることはできないものの、外資系の特徴としてこのような傾向があることは知っておいて損はないはずです。

その他にもある両者の特徴や魅力とは

外資系というだけで日本系の企業やブランドよりも給与水準が高い傾向があるのは間違いありませんが、特にハイブランドには、ファストブランドやカジュアル系ブランドよりも、さらに高い水準の給与額が用意されています。
同じ職種で比較してみれば、場合によっては倍以上違うことも少なくなく、その差は明らかでしょう。

ブランド価値が高ければ高いほど、その中で働く人にも高い能力が求められますが、それはつまり、高度な技術やスキル、思考などを身につけるのにも役立つということです。
ファストブランドが決して何も学べないというわけではありません。
英語力が活かせる海外の思考を取り入れられるファッションの勉強ができるという点においては大きなメリットがありますから、積極的に選ぶ価値も出てくるでしょう。

また、ハイブランドでは商品の企画・開発、あるいは流通や顧客管理、データ収集や分析に携わる職種など多種多様な求人が出ていることが多い一方で、ファストブランドでは店舗スタッフなどを募集する求人が目立つ傾向があります。
求人内容の面でも二極化されていると言えるのかもしれません。

外資系だからという視点だけではなく、職種などにも着目し求人をチェックしてみてはどうでしょうか。

  • 1