外資系ブランドを目指すなら知っておきたいこと

ブランド意識が非常に高い外資系

外資系企業はとても自由である、多くの人はそんなイメージを持っているかもしれません。
確かにそうした側面もあるのですが、アパレル業界に関しては必ずしもそうは言えないようです。

外資系ブランドで働きたいと思っているのであれば、こうしたアパレル業界における外資系の特徴を掴んでおく必要が出てくるでしょう。

外資系ブランドは、何よりもそのブランドそのものやコンセプトといった部分を非常に重要視します
日本のアパレルブランドはどちらかと言えば消費者に寄り添い、顧客の声を聞き、それを商品へと昇華させる形を取りますが、外資系ブランドはアイデンティティを主張することを重視するため、かなり個性のある商品が生まれたり他のブランドとは異なる商品にこそ価値を見出す風潮があるのです。

つまり、消費者や顧客に寄り添うというよりも、消費者や顧客に新しい価値観を与えるという思考が強いと言えるでしょう。

その分、社員や従業員、スタッフたちには自由よりも統率や意識の共有を求めます。
日本のブランドでは、そのブランドを身にまとい接客をする姿をよく目にしますが、外資系の場合には制服があったり同じような服装で接客することも少なくありません。

ここから、よりブランドのイメージをブレさせず、そのコンセプトを消費者に明確に伝えようとする意図がうかがえます。
もちろん自由度の高いブランドも多々あるものの、そこで働く人たちそのものにはあまり個性が出ていない傾向が強いでしょう。
全ては商品の個性を際立たせるための戦略なのです。

外資系企業で働くことで得られるメリットとは

外資系ブランドで働きたいと考えているのであれば、そこで得られるメリットについても知っておいた方がいいでしょう。

ブランドにもよりますが、しかし外資系ブランドで働いていたことは非常に重要なキャリアとなるはずです。
仮に転職することになっても、日本系のブランドでは外資系でのキャリアを重視するところも少なくなく、その次のステップに進みやすい側面があります。

外資系の中には日本系ブランドにはない戦略の立て方やマーケティング戦略など、非常に独自性の高い部分も多々あり、それを学ぶことができる点が何よりも大きなメリットとなるでしょう。
もちろんそれは、アパレル業界以外の業種へと転職する際にも有利に働くはずです。

敢えてデメリットに触れておくとすれば、最初に説明したように自由な気風がないブランドも少なくなく、イメージとのギャップによって幻滅してしまうということも人によってはあるかもしれません。
アパレルの求人を探してみても、特にハイブランドでは応募資格のハードルが高く設定されているため、未経験者では応募すら許されないことも出てくるでしょう。

外資系の特徴を把握し、それが自分にとってどれだけメリットがあるのかを知った上で深く検討していくことをおすすめします。

働いた時に感じるであろう外資系と国内系の違い

 

思っていたよりも強い縦社会かもしれません

どんな業界でもどんな職種にも同じことが言えますが、アパレル業界の場合も実際に働いてみないとどのような業界なのか、どのような仕事なのかはわからないものです。

特に感覚が掴みにくいのが、この業界の外資系と国内系の違い。
例え言葉だけであっても、働いた際に感じるであろう両者の違いを知っておくことは何らかの意味が出てくるでしょう。

外資系ブランドは、日本人が思っているよりも縦社会であることが多いです。
もう少し噛み砕いて言うと、それぞれの役割が非常に明確になっており、その役割をはみ出すことがあまり許されない風潮があります。

これによって、慣れない日本人は上下関係が厳しく、思っていたよりも自由度が低い環境であると、戸惑うこともあるのではないでしょうか。
また、これに関連して、それぞれの役職や職種での仕事が強く求められるため、他の分野の仕事を覚えるのが難しいという相違点も見られるでしょう。

国内系ブランドは1人で接客、発注、仕入れ、店内のビジュアル担当、あらゆることを任されるケースも少なくありませんが、外資系ブランドでは、あまりそうした形は見られないのが一般的なのです。

より成果や結果を求められるのが外資系ブランド

また、外資系アパレルブランドは、より実力主義であると言えるでしょう。
使えない人材は必要ないとばかりに扱われることも少なくありません。
もちろん、日本に企業がある限りは容易に首を切られたりすることはないものの、例えば報酬に成果や結果が如実に反映されたりすることは多々あります。

そもそも、そうした成果や結果を求める声が日本の企業よりも強く、そのためには何が必要なのかを自分で考えるべきといった風潮も非常に強く感じられるでしょう。
自主性が求められるということですが、よほどメンタルが強く実行力と創造力などがなければ、海外ブランドの企業ではやっていけないのかもしれません。

これに対して日本のブランドではチームワークを求める風潮がとても強い。
個性を大事にするよりも、チームとして何を作り上げるか、ここに重点が置かれるケースが多いです。

もちろん、海外のブランドや企業でもチームワークを重視する傾向はありますが、それはそれぞれの従業員やスタッフが自主性を持ち能力を最大限発揮した上でチームとしてまとまることを要求してきます。
徒競走で言えば、日本のブランドが最下位の人に合わせた走り方をするのに対し、海外のブランドはトップの人に合わせるよう要求してくると例えられるのかもしれません。

働いた際にはこうした違いを感じることが多々あるはずです。
それを踏まえた上で、どのようなブランドや企業で働きたいのかを考える必要が出てくるでしょう。



外資系ブランドの特徴と傾向

 

外資系ブランドのアパレルに関する体験談

外資系ブランドのアパレルで勤務する20代A子さんの体験談
将来はアパレルで働きたいと思っていた学生時代

幼い頃からお洒落をするのが好きで、進路も服飾系の専門学校に進みました。
卒業後はもちろんアパレル業界で働きたかったので、就職活動で受けた会社は全てアパレルの会社でした。
専門学校の先生から「まずは販売経験を積んで、色々な職種に就くのが良い」と言われ、私も最初はアパレル店員になって販売の仕事がしたいと思っていたのでアパレル店員の求人をよく見ていました。

外資系ブランドのアパレルで勤務する20代A子さんの体験談
自分の好きなブランドはどれだろう?働きたい会社を選ぶ時の迷い

アパレル業界で働きたい、アパレル店員になりたいとは思っていたものの、どのブランドの会社で働くかとても迷いました。
私はここのブランドが1番好き!というより様々なブランドを好んで着ていたので、どこにしようか考えました。
様々なブランドを好んで着ている中でも、私は外資系ブランドの洋服のデザインが好きだったので外資系ブランドのアパレルの会社を受けてみようと思いました。

外資系ブランドのアパレルで勤務する20代A子さんの体験談
内定をもらい、いざアパレル店員へ

面接を受け、無事に内定をもらうことができました。
念願のアパレル店員になれたのですが、最初はとても大変でした。
接客はアルバイトでしたことはあったものの、洋服の販売は初めてだったのでお客さんにどの程度声をかけて良いのかわかりませんでした。
さらに外資系ブランドは、海外のお客様もたくさんお店に来ます。私は英語があまり得意ではないため、思ったことを上手く伝えることができず、意思疎通が難しいと感じることもありました。
海外のお客様ともっと話せるようになりたいと思い、英語の勉強に力を入れ、今では海外のお客様を接客する時に困ることは無くなりました。自分で学びたいと思う気持ちが大事ですが、外資系ブランドで働くには語学力も必要になると思います。

外資系ブランドのアパレルで勤務する20代A子さんの体験談
お金はかかるけど自分を高められる仕事

外資系ブランドは国内ブランドに比べて価格が高く、社員割引があったとしても頻繁に買える額ではないので、働く時に見つけなければいけない自社ブランドの洋服を揃えるのは大変です。
ですが、自分磨きはとてもできます。
接客業なので身だしなみは普段から気をつけるようになりました。
私は働きながらもっとファッションの事が好きになりましたし、お客様に喜んでもらいたいという気持ちが強くなりました。
これからは語学だけでなく経済のことも勉強をして、たくさんの人に外資系ブランドの魅力を伝えていきたいです。